2013年03月24日

オバマ政権下のITマネジメント改革

1.3. 連邦政府におけるITマネジメントの枠組み:90年代のITマネジメント改革

90年代に入るとIT調達に特化した調達制度の法制化が進む。その中でも現在の枠組みを形作る上で大きな役割を果たしているのが連邦調達簡素化法(FASA)とクリンガー・コーエン法である。特に後者はITアーキテクチャの活用を盛り込むことで、以後のITマネジメント改革の流れを性格づけた。

*   *   *

連邦調達簡素化法(FASA)の制定

90年代に入ると前述の課題に対処するための法改正として2つの重要な法案が可決された。1994年の連邦調達簡素化法(FASA*1 )*2 、1996年のクリンガー・コーエン法(Clinger-Cohen Act*3*4*5 ) である。

連邦調達簡素化法は先立つ80年代からの調達制度の分析に基づき立法された。同法では、政府に固有の発注要件や手続きを入札業者となる民間企業に強いていることに連邦調達制度の問題があるとし、調達価格において低価格帯に属するものと高価格帯に属するものとでそれぞれに規制緩和を行った。*6

低価格帯に関しては、民間で広く流通しているコモディティ型の製品・サービス*7を対象に簡素な手続きでこれを調達できるように規制緩和を行った。民間市場での流通実績があれば品質も保証されており、改めて政府向け納入のために個別の要件を設定する必要性は乏しいという論理によるものである。連邦調達簡素化法ではこれらコモディティ品の調達を奨励している。

高価格帯に関しては、パフォーマンス基準契約(PBC*8 )の利用を基本方針として打ち出した。パフォーマンス基準契約は主にサービス契約を念頭に置いた契約手法であり、納入される製品・サービスの内容ではなく、それらによって達成されるべき業務上の目標を要件として調達契約を締結するものである。例えば、官舎の清掃サービスについて外部委託を行う際、清掃用具の種類・個数や清掃員の数などを逐次指定するのではなく、必要となる衛生基準や許される清掃時間帯だけを要件として定め、その枠内でどのようにサービスを実施するかは受託業者に委ねるのである。従来の連邦調達制度ではこの種のサービス契約においても業務定義書(SOW*9 )を準備して調達要件の中で事細かに業務内容を指定しなければならなかったため、調達手続きの負担を軽減すると同時に受託業者の裁量を高めることで最適化の余地も生まれると期待された。パフォーマンス基準契約は業務にとっての調達の意味を明らかにするという仕掛けでもあり、その後のITマネジメント改革でも1つの理論的柱となっていく。

規制緩和だけでなく、連邦調達簡素化法では調達マネジメントのあり方について厳しい基準を設定した。省庁の手がける主要な調達においては、コストやスケジュールに関する計画からの乖離は原則として平均10%程度までしか認められず、それ以上の乖離を生じ改善も見込めない場合には、調達プログラムの再編成や中止について検討することを各省庁に義務付けた。同じく義務付けられた議会への年次報告と合わせ、緩めるところは緩めつつもガバナンスを引き締めることで、全体のバランスをとる構成となっている。


*1
FASA : Federal Acquisition Streamlining Act
*2
P.L. 103-355, "Federal Acquisition Streamlining Act of 1994", (Congress, 1994/10/13)
https://www.congress.gov/bill/103rd-congress/senate-bill/1587
*3
ITMRA : IT Management Reform Actとも呼ばれる。
*4
クリンガー・コーエン法と時を同じくして可決された法律に連邦調達改革法(FARA, Federal Acquisition Reform Act)がある同法では競争入札を行わなくてもよいケースを増やすことで更に調達手続きの負担を軽減するなどの改革が行われた。
*5
P.L. 104-106, "Clinger-Cohen Act of 1996", (Congress, 1996/02/10)
https://www.congress.gov/bill/104th-congress/senate-bill/1124
*6
T-OGC-94-1, “Comments on Proposed Federal Acquisition Streamlining Act”, (GAO, 1994/03/10)
http://www.gao.gov/products/T-OGC-94-1
*7
連邦調達簡素化法ではCommercial Itemsと称する。
*8
PBC : Performance Based Contract
*9
SOW : Statement of Work