2013年03月24日

オバマ政権下のITマネジメント改革

3.1. ITダッシュボードとTechStatセッション:ITダッシュボードとTechStatセッションの概要

オープンガバメントの枠組みに則った外圧に基づくマネジメント改革はIT投資マネジメントにも当てはまる。その筆頭が、省庁のIT投資プログラムの概況を開示するITダッシュボードとその中で見つかった問題事案について集中質疑を行うTechStatセッションである。しかしITダッシュボードは、オープンガバメントの開始以前からの、連綿と続く連邦政府内のマネジメント改革の下積みがあって初めて可能になった取組である。

*   *   *

ITダッシュボード*1は連邦政府の各省庁が推進している主要なIT投資プログラムの一覧とその投資額、進捗状況等をまとめた情報を公開するWebサイトである。ITダッシュボード上で参照可能な情報には次が含まれる。

  • 省庁のCIOによるプログラム評価、コスト、スケジュールの3つの側面について、赤・黄・青(緑)の3つの信号色で表されたプログラムの状況とその推移
  • ビジネスケース(CPICの書式300に基づく情報)
  • 関連するパフォーマンス指標
  • 関連する調達契約と発注先事業者
  • プログラムの予定された目標値であるベースラインの変更履歴

これらの情報は各省庁が責任をもって開示しており、当該ITプログラムの状況が変化次第速やかに更新することが法的にではないものの義務付けられている。

ITダッシュボードに開示される情報は行政管理予算局によるプログラム審査の対象となる。すなわち、プログラムの進捗遅延やコスト超過が生じ当初計画から大幅に乖離している、CIOによるリスク評価結果が非常に悪いなど、当該プログラムの状況に重大な懸念がある場合、行政管理予算局はこれを要注意プログラムと位置づけ、個別に集中的な質疑を行う対象とする。

ITダッシュボードで特定された要注意プログラムを対象に行われる集中質疑がTechStatセッション*2である。その実態はプログラムの責任者や上級管理職の参加による直接対面に基づくセッションであり、1時間と区切った中で、プログラムの重要課題に的を絞って状況説明と改善に向けた対策を策定する。対策の中にはプログラムの一時中止や廃止も含まれうる。策定した対策の実施状況はその後の監視対象となる。

本稿執筆時点で、TechStatセッションには行政管理予算局主導によるものに加え、各省庁の内部で自主的に推進されるものが存在する。後者についてはTechStatセッションの方法をまとめたTechStat ツールキットが行政管理予算局より提供されており、各省庁はこのガイダンスを参考にして各自の取組を推進している。


*1
IT Dashboard
https://www.itdashboard.gov/
*2
TechStat
https://cio.gov/what-is-techstat/