2013年03月24日

オバマ政権下のITマネジメント改革

4.4. ITマネジメント改革のための25の施策:プログラムマネジメントの強化

PART IIにおける第一の柱となるのがプログラムマネジメントのノウハウと人材に関する強化である。ベストプラクティスの共有と、人材育成・交流プログラムの推進を柱として、従来より重要とされてきたポイントを確実に押さようとする動きが見られる。

*   *   *

PART II:大規模ITプログラムのマネジメント効率化
B. プログラムマネジメントの強化期限と進捗
7. ITプログラムマネジメントに関する正式なキャリアパスを策定する。6: 完了
8. ITプログラムマネジメントのキャリアパスを連邦政府全域に拡げる。18: 未着手
9. 統合プログラムチームの運用を要求する。6: 完了
10. ベストプラクティスの共有プラットフォームを立ち上げる。6: 完了
11. TechFellowプログラムを立ち上げる。12: 完了
12. ITプログラムマネージャの官民間での異動を可能にする。18: 未着手

施策7.ITプログラムマネジメントに関する正式なキャリアパスを策定する。

ITプログラムマネジメントに特化した職務区分を、行政管理予算局の協力の下、人事院(OPM*1 )が策定するという取組である。端的に言えば、会計や調達契約官といった専門職の一種としてITプログラムマネージャという職種を連邦政府の人事体系内に作るということである。この施策に基づき、GS2210 Information Technology Managementという職階の中に職務区分が新設された*2。人事院の説明資料*3によれば、これらは次の内容を持つ職務である。

まず、この職種は大きく次の3つに区分される。

  • ITプログラムマネージャ
    • 多年度にまたがる主要なIT投資で、幾つもの関連するITプロジェクトの遂行を通じて実施される取組の1つ乃至複数を管理する職種。ITプログラムマネージャは、プログラム全体の成功に対する責任を負い、省庁の有する業務上の優先事項に対しプログラムが整合的であるよう取り計らい、そのために必要なリーダーシップ、調整、コミュニケーション、および統合の役割を担う。ITプログラムマネージャは省庁の業務戦略に含まれる所定の成果を達成するために必要な努力の遂行に関し責任を負うものであり、ここに言う業務戦略の中には、適切な戦略計画、ライフサイクルマネジメント、資本性IT投資の計画を含む。また、上記に言う必要な努力の内には、実施すべきプロジェクトの選定、優先順位付け、評価、モニタリング、コストとスケジュールの管理、リスクマネジメント、品質マネジメント、リソースの確保が含まれる。
  • ITプロジェクトマネージャ
    • 特定のサービスまたは成果物を提供するITプロジェクトを直接にマネジメントする職種。
  • ITスペシャリスト
    • ITシステムおよびITサービスの開発、提供、支援を担う職種。

GS2210自体は2001年より設けられている職階*4であり、ITスペシャリストとITプロジェクトマネージャについては以前よりこの職務区分が設けられていた*5

尚、今回の制度改定では、ITスペシャリストについても対象となる技術領域に応じて次の11の専門領域*6が想定されている。これらの専門領域は職名に対して括弧付きで付される(例:「ITスペシャリスト(インターネット)」)。専門領域という考え方は本職階のドラフト案が提示された段階では含まれていなかった。前掲の説明資料によれば、ドラフト公開後の関係各所との協議の中で強い需要があって特にこれらは追加されたとのことである。大きな理由としては、当該職種に対する人員採用のための一般公募に際して特にどのようなスキルが要求されているのかを説明する上で有益であるという点が挙げられている。一方で、職種の細分化は管理上の負担にもつながりうるため、今後の精度運用を通じて更なる簡素化が図られる場合もあるとしている。

25の施策ではこれ以外にも、各省庁が人事院(OPM)を介さずにITプログラムマネージャを直接雇用する権限の付与を行うことを謳っている。更に、連邦政府全体で行われている人的資本マネジメント状況の年次調査におけるITプログラムマネージャ職に関する需給ギャップ調査に基づき、各省庁が編成するその是正策を省庁の幹部がレビューし中間報告を行政管理予算局に提出すること、ITプログラムマネジメントにおける新職種のパイロット運用を財務省および農務省で実施すること、を行うとしている*7

施策8.ITプログラムマネジメントのキャリアパスを連邦政府全域に拡げる。

前項に言う財務相および農務省でのパイロット実施結果を踏まえ、その結果を連邦政府全体へと適用するという施策である。この施策の存在から察するに、施策7で導入されたITプログラムマネジメント職への人員配置は、一気呵成に推進されるのではなく順次展開が進むものであると考えられる。本稿執筆時点では既にこの取組はほぼ終盤を迎えている時期であるが、2011年末の成果報告では未着手扱いとなっている。

1 2 3 4 >>

*1
Office of Personal Management
https://www.opm.gov/
*2
“Addition of New Basic Title for IT Program Manager Positions in the Information Technology Management Series, GS-2210”, (OPM, 2011/05/31)
https://www.chcoc.gov/transmittals/TransmittalDetails.aspx?TransmittalID=3961
*3
“Job Family Standard for Administrative Work in the Information Technology Group, 2200”, (OPM, 2011/05)
https://www.opm.gov/policy-data-oversight/classification-qualifications/classifying-general-schedule-positions/standards/2200/gs2200a.pdf
*4
“Interpretive Guidance for the Information Technology Management Series, GS-2210”, (OPM, 2001/06)
https://archive.opm.gov/oca/compmemo/2001/2001-05A.pdf
*5
“Interpretive Guidance for Project Manager Positions”, (OPM, 2003/08)
https://www.opm.gov/policy-data-oversight/classification-qualifications/reference-materials/projectmanager.pdf
*6
内訳は次の通り:Policy and Planning, Network Services , Enterprise Architecture, Data Management , Security, Internet , Systems Analysis, Systems Administration , Applications Software, Customer Support , Operating Systems.
*7
これらの実施状況については情報を得ることができなかった。