2010年03月21日

21世紀の米国流行政革命

6. マネジメント業務の専門化と人材育成

連邦政府が導入を進めるマネジメント手法は、多くの面で経営学の専門的知見を背景としている。裏を返せば、FEA・CPIC・PBAという三つ巴の体制が確実に機能するためには、適切な人的資本の整備と手法の継続的洗練が欠かせない。

*   *   *

以上に述べたマネジメント手法は、多くの面で経営学の専門的知見を背景としている。特にファイナンスやプロジェクトマネジメントに関するスキルの要求水準が非常に高く、マネジメント業務という分野は高度に専門化している。裏を返せば、FEA・CPIC・PBAという三つ巴の体制が確実に機能するためには、適切な人的資本の整備と手法の継続的洗練が欠かせない。この領域において見られる取り組みは、1)労働力状況の適切な把握、2)人材育成の実施、3)マネジメント手法の更なるR&D、である。

労働力状況の適切な把握

労働力はIT分野と調達分野の2つの側面から把握が行われている。

IT分野ではCIO協議会の主導により、2年に1度程度のペースでITWCA(IT Wofkrforce Capability Assessment/IT労働技能調査)が実施されている。#1同調査は連邦政府内の職員を対象とした幅広いアンケート調査であり、技術リテラシと業務一般におけるスキルの両方について、職員自身の獲得状況をまとめている。この結果は省庁の有する各種の長期計画と比較され、特定された予実格差を埋めるべく、人材育成や雇用等の施策が策定されることになる。

調達分野においてはFAI(Federal Acquisition Institute/連邦調達研究所)の主導により3種類の調査が行われている。#2第1の調査が年次労働力レポートであり、米国政府の人事システムである職階制に基づき、職種別労働人口の調査を行っている。第2の調査が契約業務コンピテンシ調査であり、調達に必要なスキルセットの獲得状況を、調達業務に携わる政府職員へのアンケートにより調査している。第3の調査がACMIS(Acquisition Career Management Information System/調達キャリアマネジメント情報システム)を用いたオンライン情報収集である。#3ACMISは、調達業務に携わる政府職員が自らの調達スキルを記録し、計画的な学習目標を立てるための学習支援システムであり、その一環として情報収集の役割も有している。これらの調査結果はOMBにも報告され、連邦政府全体での調達関連政策の検討材料となっている。

人材育成の実施

人材育成に関する施策は、目標スキルセットの明確化と、その獲得に向けた学習メニューの提供によって構成されている。こちらもIT分野と調達分野のそれぞれに動きがある。

IT分野ではCIOおよびその周辺の職種を想定して、担当者の備えるべきスキルセットをまとめたCCCC(Clinger-Cohen Core Competencies)が策定されている。#4CCCCはITに関する専門知識に加え、財務、組織改革、プロジェクトマネジメントに関する詳細なスキル要件などを含む。これらのスキルセットの獲得に当たっては、著名6大学との提携によって作られたCIO Universityプログラムが提供されている。#5同プログラムはこれらの大学において、政府内でのITマネジメントを専門とした教育カリキュラムにまとめられており、政府職員が勤務と並行して受講できる。CIO Universityは現場で働く社会人を対象とした専門教育プログラムであり、座学に止まらないディスカッションや企業派遣による短期研修など、実務的であることを重視した内容を備える。教育期間は概ね2年に渡る。修了時にはCIO認定証が授与される他、幾つかの大学では修士課程との一体化もなされている。これ以外にも、IT投資プロジェクトのマネージャ向けに策定された推奨スキルセットや、現場職員レベルで利用できるオンライン学習システムが提供されている。

調達分野では調達に関わる職種ごとに目標スキルセットを定義している。*1IT投資の場合同様にこれらのスキルセットは、調達資産に固有の専門知識や調達法規といった専門的スキルに加え、コミュニケーションやプロジェクトマネジメントに関する一般的スキルを含む。スキル獲得に向けた教育コースは、FAIと提携した民間教育機関、またはDAU(Defense Acquisition University/国防調達大学校)において提供されている。更に、スキルの獲得状況に基づいてその専門技能を認定するFAC(連邦調達認定制度)が運用されており、連邦政府の職員はキャリアプランニングの一環としてこれらの認定制度を利用できる。#6FACの認定は2年ごとの更新制になっており、継続的な学習が必要であることにも特徴がある。

マネジメント手法の更なるR&D

FEA・CPIC・PBAは未完成のマネジメント手法であり、事例研究や実践および経営学的論究に基づく更なる洗練を必要としている。連邦政府内では主にOMB、調達に関するとりまとめ業務を行うGSA(General Services Agency/一般調達庁)、DOD(Department of Defense/国防総省)、GAO(Government Accountability Office/政府説明責任院)がシンクタンクとなってこれらのR&Dを進めている。更に加えて特徴的なのは、民間組織によるマネジメント分野でのR&Dが極めて活発で、連邦政府でもその成果を積極的に取り入れていることである。

民間でマネジメント分野のR&D機能を果たしている著名組織には、PMI(Project Management Institute)、OMG(Object Management Group)、カーネギー・メロン大学のSEI(Software Engineering Institute/ソフトウェア工学研究所)などがある。これらの組織で策定されたマネジメント分野に関連する標準には、プロジェクトマネジメントに関する知識を体系化したPMBOK(Project Management Body of Knowledge)#7、組織的マネジメント活動の水準を評価するためのガイドラインであるCMMI(Capability Maturity Model Integration)#8、ITシステムや業務の表現に用いられる工学的記法であるUML(Unified Modeling Language)#9、業務プロセスの表現に用いられるBPMN(Business Process Modeling Notation)#10などがある。これらは何れも事実上あるいは正規の世界標準となっており、特にIT分野で絶大な影響を持っている。また、実践事例や技術の発展を踏まえた継続的更新もなされており、連邦政府でも各種のガイドラインや前掲のスキルセットにこれらの標準を取り入れ、最新の民間ノウハウの吸収を進めている。

尚、OMGに関しては連邦政府と直接の連携を深めていることを特記しておきたい。FEAプログラムの項で触れたFTFカタログの技術的詳細はOMGによって策定されたものであり、最近の動きではこれを更に進化させたFSA(Federal Segment Architecture)に関する標準の策定も手掛けている。#11


*1
職種分類はPM(Program/Project Manager), CO(Contracting Officer), COTR(Contracting Officer Technical Representative)の3種である。

(参考文献)

#1
"Information Technology (IT) Workforce Capability Assessment 2006", (CIO Council, 2006) など。 ITWCA_Survey_2006_Executive_Summary_11-2007.doc
#2
Federal Acquisition Institutes: Annual Workforce Reports Archive
https://www.fai.gov/drupal/community/workforce-reports-archive
#3
ACMIS
https://admin.acmis.gov/
#4
"2008 Clinger-Cohen Core Competencies and Learning Objectives", (CIO Council, 2009/04/30) link
#5
CIO University
https://cio.gov/innovate/future-ready-workforce/cio-university/
#6
Federal Acquisition Institute: Certification and Career Development Programs
https://www.fai.gov/drupal/certification/certification-and-career-development-programs
#7
Wikipedia: PMBOK
https://ja.wikipedia.org/wiki/PMBOK
#8
Wikipedia: 能力成熟度モデル統合
https://ja.wikipedia.org/wiki/能力成熟度モデル統合
#9
Wikipedia: 統一モデリング言語
https://ja.wikipedia.org/wiki/統一モデリング言語
#10
Wikipedia: BPMN(Business Process Modeling Notation)
https://ja.wikipedia.org/wiki/Business_Process_Modeling_Notation
#11
Federal Segment Architecture Methodology FSAMv1.pdf