2010年03月21日

PBAガイド

3.1. 実績と課題:IT調達とパフォーマンス基準調達

AuthorKeyword

パフォーマンス基準調達では手続きよりも内実の重要性が大いに高まる反面で、推進にも細心の注意が求められる。IT調達分野における幾つかの事例と、全体傾向に関する大規模調査の結果を紹介し、パフォーマンス基準調達の特徴を考える。

*   *   *

IT調達に固有の規定や指針は次のような法令によって与えられている。

クリンガー=コーエン法#1 *1
1996年に制定された法律であり、そのうちのITマネジメント改革法に関する部分は、それまでは一般調達庁が集中管理していたIT資産の調達権限を各省庁に委譲することを定めた。4.2節で述べたように、本法によって、各省庁の最高情報責任者(CIO)の設置、省内業務体系をITの観点から整理した見取り図にあたるエンタープライズアーキテクチャの利用、パフォーマンスと結果を念頭に置いたITの投資管理が義務付けられた。本法制定時の問題意識は、過度に複雑化したプロセス重視の調達を合理化することにより時代に適したIT資産の適時の調達を可能にすることと、マネジメントの混乱によって計画性のないシステム開発が行われ投資が無駄になることを避けることにあった。特に後者についてはエンタープライズアーキテクチャの採用とITに関連するマネジメント労働力の確保を支援する形で肉付けされ、パフォーマンス基準調達と同様の、省庁の業務にとって意味のある資産を確実に調達する、という目的意識を骨子とするものとなっている。
行政管理予算局・通達A-11 Part 7#2
通達A-11は行政管理予算局が各省庁の予算案の作成、審査、予算執行にあたっての包括的なガイドラインである。そのうちPart 7は投資を対象としたもので、90年代の政府業績結果法とブッシュ政権において行政改革プログラムとして打ち出された大統領行政管理アジェンダの趣旨に則り、主要な投資について省庁の任務や業務目標との結びつきを説明することを求めている。特にIT関連投資については連邦エンタープライズアーキテクチャ参照モデル*2に基づいてその投資内容を分類することが求められている。*3
行政管理予算局・通達A-130#3
通達A-130は各省庁での情報管理についてのガイドラインである。通達A-11 Part7があくまで投資(IT以外の投資も対象とする)の観点からのガイドラインであるのに対して、通達A-130は情報管理の視点からのガイドラインとして与えられている。この観点から情報技術の利用、個人情報の保護、セキュリティの管理など、様々な領域について遵守すべき規準を与えている。調達に当たっても当然ながらこれらの規準を守らなければならない。

パフォーマンス基準調達は連邦政府の調達一般に適用される手法でありIT調達を特別の対象としたものではない。初期のパフォーマンス基準契約は警備や施設管理のようなものに事実上限定されていた。しかしながら、パフォーマンス基準調達の適用範囲が拡大してきた中で、IT領域への適用も当然拡大していると考えられる。*4

連邦政府調達部の担当者*5へのインタビューでは、パフォーマンス基準調達は主に民間市場での流通が確立しているコモディティ型のサービスの調達を主な対象としており、IT調達の場合にはレンタルサーバ契約やネットワークメンテナンス契約などが主な該当例であり、業務システム開発への適用は今後の課題である、との回答であった。しかし、クリンガー=コーエン法の趣旨にもあるように、連邦調達規則に規定するパフォーマンス基準調達に該当しなくとも、IT投資である業務システム開発はパフォーマンス重視、結果重視の考え方で進められている。

次節以降では、パフォーマンス基準調達手法を適用した実際のIT調達の事例を3つ取り上げて紹介する。最初の事例では募集要項の構成を、残る2つの事例ではパフォーマンス基準調達のプロセスに伴う問題点を主に取り上げる。そして、パフォーマンス基準調達の全体的な状況についての米国政府の調査結果をいくつか紹介する。


*1
クリンガー、コーエンは、法案提出者の名前で二人とも共和党。時のクリントン政権は民主党であったことに留意。クリンガーが政府マネジメント改革法、コーエンがITマネジメント改革法を手がけた。
http://www.fas.org/sgp/crs/secrecy/RL30590.pdf
*2
連邦政府全体の業務体系をITの観点から整理したある種のカタログ。連邦政府の各機関で行われる業務やその際に利用されるIT資産の一般的名称の一覧を集めたものと考えてよい。
*3
この分類作業をFEA Primary Mappingと呼ぶ。
*4
後述するように、調達に関する情報源に問題があることや複数の調達プログラムが存在することもあり、本件調査では正確なボリュームを数値で特定することはできなかった。
*5
Laura Auletta, Office of Federal Procurement Policy, Office of Management and Budget

(参考文献)

#1
P.L.104-106, "Clinger-Cohen Act of 1996", (1996/02/10) link
#2
"Circular A-11", (OMB) link
#3
"Circular A-130", (OMB) link